スキンケアを語る時、角質のバリア機能を語らないわけにはいきません。

 

なぜなら、スキンケアはお肌の状態を正常に保つために行いますが、角質のバリア機能が低下することで乾燥肌、敏感肌等、さまざまなトラブルの原因となるからです。

 

この記事では、バリア機能とは何かをご説明した後に、低下したバリア機能を回復し、高める方法についてご紹介します。

バリア機能とは何で低下するとどうなるのか?

 

普段の生活する中で、素手で洗剤を触ることがあると思います。

 

洗剤は水と違い薬品が入っているため刺激がありますが、洗剤が肌内部に染み込んでくることはありません。なぜだと思いますか?

 

それは角質のバリア機能が正常に働いているからです。

 

角質層は死んだ細胞でできていますが大きな役割をもっています。

 

厚さは、わずか0.02mmほどですが、 このわずか0.02mmの厚みの中にいくつもの細胞が重なってできています。

 

このように薄い角質層ですが私たちの皮膚を守ってくれているのです。

 

またバリア機能は外部刺激からお肌を守っているだけではありません。

 

肌内部の水分が外に蒸発しないように守る働きも行っています。

 

死んだ細胞とは言っても角質層は自ら保湿成分を作っており、約30%ほどの水分を含んでいます。

 

この自ら保湿成分を作っていることが重要です。

 

しかし、肌内部の水分が低下すると乾燥肌になり、乾燥肌になることで角質層のバリア機能が低下したり、損なわれてしまうのです。

 

またバリア機能が低下したり、損なわれてしまうことで外部からの刺激に弱くなり、小さな刺激に対しても反応してしまう状態になります。

 

これが敏感肌です。

 

お肌が敏感肌になると、お化粧のために使う化粧水ですらしみたりするようになります。

 

このような背景があり、バリア機能を正常に保つことが重要で、低下したバリア機能は回復する必要があり高める必要があるのです。

 

バリア機能を高めるには?

 

よく「バリア機能を高める」と言われますが、これは先ほどご紹介したバリア機能を正常な状態に戻すことに他なりません。

 

角質層のバリア機能が正常に働いていれば必要以上にバリア機能を高める必要はありません。

 

しかし、バリア機能が低下することによって乾燥肌になり敏感肌になり、日常生活にも支障をきたすようになるためバリア機能を高める必要が出てくるのです。