美肌と食べ物は大きく関係していることはお伝えしました。

 

実際食べ物でお肌の状態が大きく変わることを経験している方も多いので普段から気をつけている方も多いことでしょう。

 

しかし、飲み物についてはどうでしょうか?

 

食べ物と比べると飲み物については、それほど普段の生活で気にしている方は少ないのではないでしょうか?

 

ただ、美肌を意識するのであれば食べ物だけでなく、飲み物にも注意が必要です。

 

これから美肌に注意が必要な飲み物と良い飲み物についてご紹介していきたいと思います。

 

美肌に注意が必要な飲み物

 

ここでは美肌に悪いというよりも注意が必要な飲み物についてお伝えしますが、大きく次の三つになります。

 

(1)カフェイン

 

一つ目はカフェインの摂り過ぎは良くないということです。

 

カフェインが入っている飲み物にはコーヒー、 紅茶、緑茶、烏龍茶、ココアなどがあります。

 

これらの飲み物を飲んではいけないと言うのではなく、飲み過ぎは良くないということです。

 

なぜなら、カフェインは神経を興奮させる作用がありますのでカフェインを摂りすぎると睡眠などに影響が出てくるからです。

 

よくお肌のゴールデンタイムという言葉がありますが、お肌の再生を行う時間帯に眠れないと言ったことが弊害として考えられます。

 

(2)栄養ドリンク

 

二つ目は栄養ドリンクです。

 

栄養ドリンクは不足した栄養を補うためのドリンクなので弊害なんて起こらないと考えられたかちです。

 

しかし 、栄養ドリンクの中身を確認すると注意が必要なことがわかります。

 

栄養ドリンクの成分は、大きくいうとブドウ糖とビタミン類にカフェインを加えたものです。

 

ブドウ糖は体内に取り込まれるとすぐにエネルギーに変わりますし、カフェインは興奮物質で眠い時に有効だと言われることからも目がさっぱりします。

 

しかし、この状態は体にとっては良いことではなく、体を休めなければいけない時に無理をして休めない状態にしているのです。

 

またカフェインは中毒性があるため、取りすぎるとカフェインが切れた時にイライラしたり貧乏ゆすりなどをするようになります。

 

疲れている時にたまに飲むのには有効ですが、頻繁に飲むことは避ける方が良いでしょう。

 

(3)水

 

次は水です。

 

水についてはなぜ美肌に注意が必要なのか不思議に思うかもしれません。

 

最近はペットボトルで販売されていることもあり、日常的にペットボトルの水を持ち歩いてる方やマイマグカップを持ち歩いてる人も少なくありません。

 

ただ、「美肌」について考えると、水を飲むことも注意が必要になってきます。

 

特に冷たい水は要注意です。

 

冷たい水は体に取り込むことで体を冷やす作用があります。

 

体を冷やすとお肌の新陳代謝が弱くなりますのでお肌のターンオーバーにも少なからず影響を与えてしまいます。

 

よくお水については一日2リットルほど飲むことが好ましいと言われることがなります。

 

しかし、この2リットルという量は、1日に摂取する総量のことを指しているので、飲み水としての量はそれほど必要ではありません。

 

お水を飲むとお肌の水分が増えると勘違いをしている人がいますが、 お肌の水分が少なくなったからといって口から飲んだ水分がお肌に吸収されるわけではありません。

 

お肌の水分は、セラミドなどの保湿成分が重要なのであり、飲み水が必要なわけではないのです。

 

次は美肌に良い飲み物を見ていきましょう。

 

美肌に良い飲み物

 

美肌に良い飲み物というよりは美肌を意識した飲み方と言った方が良いのかもしれません。

 

基本的にお水を飲む場合も氷を入れたり冷蔵庫で冷やしたお水ではなく常温で飲むことが好ましいといえます。

 

できれば常温か温かい白湯であったりお茶などが好ましいと言えます。

 

またハーブティーなどもおすすめです。

 

なぜハーブティーがおすすめなのかと言うと、ハーブはヨーロッパでは昔から薬草茶として親しまれているからです。

 

簡単にまとめると、美肌には肌の再生である新陳代謝を妨げるような体を冷やす冷たい飲み物や神経興奮物質であるカフェインの入った飲み物は避ける方がよく、できれば常温の水や暖かいお茶またはハーブティーが美肌には好ましいと言えます。