この記この記事では美肌と睡眠の関係を見ていきたいと思います。

 

美肌と睡眠に大きな関係があるということをご存知の方はどれほどいらっしゃるでしょうか?

 

普段の生活の中で夜更かしをした翌朝はお肌の調子が良くないということを経験したことがある方も多いと思います。

 

このような経験をすることで、睡眠と美肌には何らかの関係があることは薄々感じているかと思います。

 

早速美肌と睡眠がどのように関係しているのかについてみていきたいと思います。

 

美肌と睡眠不足

 

睡眠を語る上で睡眠不足が人間の体に大きな影響を及ぼします。

 

なぜなら、人間は記憶の整理やお肌の調整など様々なことを睡眠をとっている間に行っています。

 

受験生が寝る間も惜しんで勉強していたとしても、睡眠時間をしっかりと取っていなければせっかく覚えた物ごとも整理されず記憶としてしっかり残ることは難しいのです。

 

お肌も同じで眠ることで血液が体のさまざまなところに流れ、お肌にも栄養が行き渡るのです。

 

また眠っている間に成長ホルモンが分泌されます。

 

この成長ホルモンは、眠ってる間ずっと分泌されるわけではなく、眠り始めの最初の3時間以内に成長ホルモンは分泌されると言われています。

 

この成長ホルモンが分泌された後お肌の奥では細胞分裂が行われ、傷ついたお肌に関しては修復が行われるのです。

 

ただ、 成長ホルモンの分泌から細胞分裂までは少なくとも6時間程度は必要だと言われているため、6時間以内の睡眠時間など睡眠不足の時には肌荒れが目立つようになるのです。

 

美肌と睡眠時間

 

先ほどお伝えしましたが、お肌の再生には成長ホルモンの分泌とその後の細胞分裂が必要になり、そのために必要な睡眠時間が6時間程度だということはお伝えしました。

 

よくウィークデーは睡眠不足のため週末に寝溜めを行って、寝不足を解消するという方がいらっしゃいますが、眠気の解消という意味では効果があるのかもしれませんが、体調を整えたり、 お肌の状態を整えたりと言うことには役立ちません。

 

睡眠の質と美肌の関係

 

美肌効果を考える時、ただ睡眠時間が長ければ良いというのではありません。

 

睡眠の質が重要になってきます。

 

睡眠を語る時レム睡眠とノンレム睡眠がよく登場します。

 

睡眠は深い眠りと浅い眠りが交互に繰り返されています。

 

このサイクルが切り替わる時に目覚めると目覚めはしすっきりします。

 

また、 同じ6時間睡眠をとる場合でも、お昼に6時間睡眠をとるのと、夜に6時間睡眠をとるのとでは睡眠の質が変わってきます。

 

なぜなら、成長ホルモンが分泌されるのはお昼ではなく夜だからです。

 

子供の成長を語る時、夜の10時から夜中の2時までの4時間をゴールデンタイムと言うことを聞いたことありませんか。

 

これは成長ホルモンが分泌される時間帯だからです。

 

子供なら別ですが大人の場合夜の10時に寝ることは現実的にはありませんね。

 

しかし、少なくとも美肌を求めるのであれば、日付が変わる12時には睡眠につくことが望ましいと言えます。