美容液という言葉はよく耳にすると思うのですが美容液とはと問われて正確に答えることができる人はどれほどいるでしょうか?

 

ここでは美容液とは何かを確認した後におすすめの使い方また正しい使う順番についてご紹介していきます。

美容液とは

 

日時をよく目にする美容液は、透明や半透明のジェルではないでしょうか。

 

美容液とは保湿や美白などに効果的な成分を含んだ化粧品のことを言います。

 

特徴としては比較的容器は小さめで値段は高めのものが多く、ここ最近美容液も従来とは様変わりしてきています。

 

具体的にどのようなことかと言うと、どちらかと言うとクリームに近いものであったり、反対に化粧水のように水っぽいものなどまた商品の価格も幅広いものが増えてきています。

 

だから、 現在では厳密に美容液とは何かとは答えづらい状況となっています。

 

ただ美容液を選ぶ際には重要なこともありますのでご紹介します。

 

美容液の選び方

 

美容液を選ぶ際に重要なことは成分です。

 

先ほど美容液も様々な特徴を持った商品が増えてきているとお伝えしましたが、 どのような目的で美容液を購入するのか明確にしてその目的にあった成分を含む商品を選ぶ必要があります。

 

具体的には、美白効果を狙った美容液、アンチエイジングを狙った美容液、保湿を目的とした美容液などです。

 

一口に美容液と言っても商品ごとに使用感も異なります。

 

特徴的なところを言うと、使用感が硬いものやペタペタするものは刺激が強い商品が多いです。

 

これは、ベタベタする粘度は増粘剤が使われることが多いのですが、増粘剤が多く使われていると肌を荒らす原因になるからです。

 

お肌のことを考えると使用感がさらっとしているジェルタイプを選ぶ方が良いでしょう。

 

次は美容液のおすすめの使い方についてみていきましょう。

 

美容液のおすすめの使い方

 

美容液を使う目的には、ほしつやアンチエイジング、また美白などがあると思います。

 

いずれにしてもお肌の老化を防ぐことが目的なので顔の一部分だけ塗るのではなく、顔全体に塗ることが重要です。

 

顔全体に塗るときに注意することは化粧水の使い方のところでもお伝えしたことと同様に、肌をこすることなく指の腹を使って優しくなじませることが重要です。

 

美容液については、保湿と美白など二つ以上の美容液を同時に使う時もあると思いますが、その際には最初に保湿目的の美容液を塗りその後に美白目的の美容液を塗るようにしましょう。

 

使用感で水っぽいものと油っぽいものの美容液があると思いますが、使用感から言うとサラサラとした水っぽいものからベタベタとした油っぽいものの順番に塗りましょう。

 

顔の場所で考えると油分の多い美容液については T ゾーンは避けた方が良く、もし塗るのであれば U ゾーンのみ使うようにしましょう。

 

美容液のもうひとつの使い方

 

美容液のもうひとつの使い方についてご紹介します。

 

実は美容液は化粧下地の代わりにも使われます。

 

通常化粧下地の化粧品は、ファンデーションがつきやすくしたり、お肌の色を補正する目的で使われることが多いため、様々な成分が含まれていることが多いです。

 

ただ成分が多く含まれることによってお肌の負担になることも多くなります。

 

通常、お肌の皮脂バランスが整っていれば化粧下地は使う必要なく、保湿成分が含まれた美容液を塗るだけで十分です。

 

もし美容液を塗ってなかなか乾かないなど乾きが気になる場合には、その上から保湿成分が含まれたクリームや乳液を薄く塗ることも有効です。

 

美容液を使う順番

 

最近複数の化粧品の機能が含まれたオールインワン化粧品が数多く日発売されていますが、 個別の機能ごとに分かれた化粧品を使う場合には、化粧品を使う順番が重要になります。

 

美容液を使う順番をご存知でしょうか。

 

スキンケア化粧品には、次のようなものがあります。

 

  • クレンジング
  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • クリーム

 

などです。

 

ここでは五つの化粧品を列挙しましたが、この5つの化粧品を使う場合、上から順番に使うことが重要です。

 

クレンジング→洗顔料→化粧水→美容液→クリーム」の順番です。

 

この順番には意味があり、お肌に残った化粧品をクレンジングで落とし、 その後に洗顔料できめ細かくお肌の汚れを落とし、その後に化粧水でお肌に保湿成分を取り込み、目的に行った美容液を塗り、そして油分を含むクリームで蓋をするという順番になります。