セラミドはお肌や毛穴に大きな影響をもららします。

 

この記事では、セラミドがお肌や毛穴にもららす効果だけでなく、効果的に摂取する方法についてご紹介します。

 

セラミドとは?

 

セラミドとは角質細胞間脂質のことで、 表皮細胞の中で作られています。

 

このセラミドが角質層の中にある約30%の水分が大きな役目を果たしています。

 

角質層はいくつもの角質細胞が集まって作られていますが、 ひとつひとつの角質細胞をつなげているセメントのような役割を行なっているのがセラミドなのです。

 

角質細胞間脂質はいろいろな脂質が混ざり合ってできていますが、その中の約40%がセラミドなのです。 実際角質層の中の水分といっても水分だけではなく脂質と水が結合して肌の水分を守っているのです。

 

先程ご紹介したお肌のバリア機能はセラミドにより各角質細胞が結びつけられているから実現していますが、セメントの役割を果たしているセラミドの量が減少することで角質細胞間の結びつきが弱まり、お肌のバリア機能が損なわれて行くのです。

 

時々肌の表面から粉を吹いたような状態が見かけられますが、これはセメント部分のセラミドが不足して角質細胞と角質細胞の結びつきが弱くなり、これが肌の表面から粉を吹いたように見える原因です。

 

肌表面から粉を吹いたような状態の時に石鹸で洗顔を行うとしみるのはバリア機能が弱まっていることが原因です。

 

セラミドが肌にもたらす効果

 

セラミドが角質層のセメントの役割をして角質細胞のつなぎを行っていることは説明しましたが、セラミドが正常に機能しているから肌のハリが保たれ、柔軟性があるのです。

 

しかし、セラミドの機能が低下すると、角質細胞間の結び付きが弱まり、肌の張りは損なわれていくのです。

 

だからこそ、セラミドが減少したお肌はセラミドなどの保湿成分を取り戻す必要があるのです。

 

セラミドが毛穴にもたらす効果

 

セラミドがお肌にハリや柔軟性を維持するのに大きな役割を果たしていることは説明しました。

 

では、セラミドは毛穴にどのような効果をもたらしているのでしょうか?

 

「お肌のたるみ」の原因をご存知ですか?

 

実は、お肌のたるみと毛穴には大きな関係があります。

 

お肌の保湿成分であるセラミドが減少すると、お肌のハリが弱まります。

 

お肌のハリが弱まることで締まっていた毛穴が開くのです。

 

毛穴はお肌の内部に無数にあります。その毛穴がが開くことでお肌はたるむのです。

 

だから、お肌のたるみを解消するにはお肌の保湿が必要になるのです。

 

セラミドの効果的な摂取方法

 

セラミドは40代になると自然と減少していきます。

 

また、紫外線や摩擦など外部刺激でもセラミドは減少します。

 

このような状態になった場合、若い頃であればセラミドの機能を回復が見込めるので、まずは肌のバリア機能を回復させ、セラミドが正常に作り出される状態に戻すことが必要となります。

 

また、加齢が原因でセラミドが減少している場合は、肌内部からセラミドを作り出すことは難しので、セラミド配合の化粧品を使うことが有効となります。