ここまでスキンケアの基本としてお肌の構造やお肌のことについて学んできました。

 

お肌のことがある程度分かるようになったら次は化粧品についても学ぶ必要があります。

 

あなたは化粧品のことをよく理解されていますか?
何を基準に化粧品を選んでいますか?
ご自身のお肌に合った化粧品を選んでいますか?

 

これから化粧品を選ぶ上で最低限知っておいていただきたいことをお伝えしていきます。
まずはクレンジングから始めてみましょう。

 

クレンジングは何のために行うのかというと、化粧品を落とすためですね。

 

化粧品を塗っていないのであればただの洗顔でもう十分ですが、化粧品を持っている場合にはただの洗顔だけでは不十分です。

ダブル洗顔の必要性

 

最近の化粧品は汗をかいても化粧が落ちにくく、水にも強い商品が増えてきています。
良い面がある反面、悪い面もあります。

 

悪い面というのが化粧が落ちにくいということです。

 

なぜ化粧が落ちにくいのかと言うと、これらの化粧品は油が使われているからです。
油は水を弾きますので水に馴染みません。

 

だから水だけで洗顔しても化粧は取れないのです。

そこで必要になるのがクレンジング料です。

 

クレンジング料は油汚れを落とすために必要な界面活性剤が含まれています。

 

界面活性剤と耳にすると肌に悪いようなイメージを持たれるかもしれませんが 、めくりを落とすためには必要な成分となります。

 

クレンジングのタイプ別特徴

 

クレンジングと一言に言っても色々なタイプの商品が販売されています。

 

具体的には、クリームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプ、泡タイプ、オイルタイプなどです。

 

クレンジング自体は、お肌を擦ることになるので肌にとって良いものではありませんので、クレンジングを選択する際にはなるべくお肌に良いものを選ぶ必要があります。

では、お肌に良いクレンジングはどのタイプなのでしょうか。

 

肌にやさしいのはどのタイプ

 

クリームタイプ

 

お肌に優しいクレンジング料のタイプは、クリームタイプです。

クリームタイプと言っても洗い流せるタイプのものです。

 

ジェルタイプのものでも乳化した 洗い流せるタイプのものであれば良いでしょう。

 

オイルタイプ

 

今クリームタイプのクレンジング料がお肌に良いとお伝えしました。

しかし、 最近の主流はオイルタイプのクレンジング料です。

 

なぜオイルタイプのクレンジング料が主流なのかと言うと、冒頭でお伝えしたように汗や水でも化粧が落ちにくいタイプのメイクアップ料が増えており、そのぶん洗浄力の強いクレンジング料が求められているからです。

 

オイルタイプのクレンジング料は油分を多く含んでいるためメイクアップ料との馴染みは良いという特徴がありますが、しかしその反面落とすために必要な界面活性剤も多く必要になります。

 

肌触りとしてはサラサラとした液状であるため、お肌に数多く触れる必要があり、肌をこする回数が多くなるのも欠点と言えます。

 

お肌のことを考えると極力肌に触れる回数は 減らすことが望ましいのです。

 

今お伝えしたことはリキッドタイプにも言えることです。

 

ミルクタイプ

 

ミルクタイプについては、一見お肌に優しいイメージを持たれるため人気があります。

 

しかし、実際はミルクタイプのクレンジング料は水分を多く含んでいるため、メイクアップ料との馴染みはあまり良くなく、 思ったほど洗浄力は強くありません。

 

そのため、数多くお肌をこすることにつながるため、お肌のことを考えるとあまりおすすめではありません。

 

ファンデーションを使わないような軽いメイクの時であればそれほど洗浄力の強いクレンジング料は必要ありませんのでミルクタイプでも十分だとも言えますが、ファンデーションを使った場合にはおすすめではありません。

 

テレビ CM でよく出てくるシート状の拭き取るタイプのクレンジング料がありますが、一見メイク汚れが簡単に取れているシーンが映し出されるため、良いイメージを持つかもしれません。

 

しかし、、シートでお肌をこすり、さらに強力な界面活性剤が含まれているのでお肌にとっては良くありません。

 

泡タイプ

 

泡タイプについては、手軽に使える反面ミルクタイプと同様に水分を多く含んでいるため化粧品との馴染みが悪く肌への負担は増えてしまいます。

 

理由は、泡は水分を多く含むことで化粧品との馴染みが悪くなるため、その分界面活性剤を含んでいるからです。

 

界面活性剤とは

 

界面活性剤という言葉はよく耳にすると思いますが、具体的にどのようなものかご存知でしょうか。

 

界面活性剤の役割は油と水を混ざりやすくするためのものです。

 

通常、油と水は相性が悪く、油の上に水をかけた場合弾いてしまいます。

 

しかし、化粧品は油分を多く含んでいるため、化粧落としを行うためのクレンジングにはどうしても必要なのが界面活性剤なのです。

 

界面活性剤は洗浄力が 強い反面使いすぎるとお肌の潤いを奪うため注意が必要となります。

 

正しいクレンジング方法

 

正しいクレンジング方法についてお伝えしていきます。

 

クレンジングを行う目的はメイクアップ料を落とすことです。

 

しかし、クレンジングを行う際に気をつけなくてはいけないこと。

 

それは短時間で極力肌の接触を避けることです。時間は1分くらいが良いでしょう。

また、クレンジング料を使うとき、お肌が濡れていない状態で行いましょう。

 

では、具体的な手順を見ていきましょう。

 

(1)Tゾーン

 

クレンジング料を手のひらにとり T ゾーンである額、鼻にかけてクレンジング料を伸ばしていきます。

 

(2)Uゾーン

 

T ゾーンの次は頬から顎にかけての U ゾーンに クレンジング料を伸ばしていきます。

 

(3)目もと口もと

 

目もと口もとにクレンジング量を伸ばしメイクアップ料となじませます。

 

(4)洗い流し

 

最後にぬるま湯を使って手早く洗い流し、洗顔料を使った洗顔を行います。

 

お伝えした通り、メイクを行った後に必ずメイクをとらなければなりません。

 

しかし、 メイクを取るためにゴシゴシと肌をこするようなことをしてはいけません。

 

適切なクレンジング料を使い肌に刺激を与えないようにしましょう。