ここまでスキンケアの基本的な化粧品として次の商品をご紹介してきました。

 

  • クレンジング料
  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液

 

そして今回ご紹介するのはクリームとなります。

 

クリームは何のために使うものかご存知でしょうか?

 

この記事では化粧品の中でクリームの果たす役割、そしてクリームの選び方を中心にご紹介していきます。

 

化粧品のクリームの役割

 

化粧品の中でのクリームの役割についてですが、一番の役割はお肌に「油分を与える」ことです。

 

とはいっても、年齢によって油分の必要性は変わってきます。

 

例えば、年齢が30代までの方であればお肌の中の水分量はだんだんと減ってくるものの油分についてはあまり減ることはありません。

 

しかし、40代以降になるとお肌の中の水分はもちろんのこと油分についても減っていきます。

 

だから、油分が減らない30代までと40代以降では クリームの必要性が変わってきます。

 

お肌の中の水分量が減るとお肌が乾燥し乾燥肌へと進んでいきますが、乾燥肌対策として必要なのは油分ではなく水分です。

 

よって、水分不足のお肌にはクリームが必要ではありません。

 

もし、クリームを使うのであれば保湿成分が含まれたクリームをお勧めします。

 

最近では保湿成分が含まれた化粧品が数多く発売されていますので保湿成分を含んだ美容液などを使うのが最適だと言えます。

 

ただひとつだけアドバイスすると、 顔の中でも目元、口元については年齢を問わず皮脂腺が少ないという特徴を持っています。

 

もし目元や口元の乾燥が気になる場合には、油分を与えるためにクリームを使うのも良いでしょう。

 

クリームの選び方

 

クリームの選び方についてですが、最近では色々なテクスチャのものが発売されています。

 

例えばジェルのような軽いテクスチャの商品などが該当します。

 

ただ軽いテクスチャのクリームを探すのであれば、わざわざクリームを使う必要性が薄れます。

 

理由は、 軽いテクスチャであれば美容液でまかなえるからです。

 

どうせクリームを選ぶのであれば、クリームらしいコクのあるクリームを選ぶ方が良いでしょう。

 

クリームを使う順番

 

クリームを使う場合次の順番で行うようにしましょう。

 

洗顔後に化粧水、そして美容液を顔全体に伸ばします。

 

この後にクリームを使うのですが、クリームは顔全体に使うのではなく先ほどもご紹介した皮脂腺が少ない目元口元だけ薬指で優しく叩き込むようになじませます。

 

理由は、 自分が不足していない部位にまでクリームを塗る必要はないからです。

 

クリームとスキンクリームの違い

 

クリームとスキンクリームの違いについてですが、大きな違いはありません。

 

スキンクリームの中にクリームが含まれると思っていただければ結構です。

 

一般的にスキンクリームと言われるのは次の三つのものを指します。

 

  • クリーム
  • 保湿クリーム
  • 美容クリーム

 

保湿クリームについては、保湿成分が含まれたクリームであり、美容クリームについては美白やエイジングケアに効果的な成分が含まれたクリームとなります。

 

保湿についてはスキンケアの基本となりますので、ヒアルロン酸やコラーゲン型セラミドなどが配合されたクリームを選ぶと良いでしょう。

 

次に保湿と美容に分けて主な成分についてご紹介します。

 

(1)保湿に効果的な成分

 

保湿に効果的な成分といえば元々お肌の中に存在している成分になります。

 

具体的には表皮の角質層に存在するセラミド、真皮に存在するヒアルロン酸やコラーゲンが該当します。

 

ただ、化粧品で補うことができるのは表皮の角質層までですので、 角質層の内部に届くことが条件となります。

 

(2)美容に効果的な成分

 

美容の代表的なものといえば美白とアンチエイジングではないでしょうか?

 

ただ具体的にどのような成分が効果的なのかと言うと明確に答えることはできない方が多いと思います。

 

美白に効果的な成分には、 ビタミンC誘導体とプラセンタエキスが挙げられます。

 

ビタミンC誘導体については、シミやくすみの原因とされているメラニン色素を抑制する効果が期待されています。

 

プラセンタエキスについては、お肌の新陳代謝であるターンオーバーを促進する効果が見込め、さらにビタミンC誘導体と同様にシミやくすみの原因となるメラニン色素を排出する効果が期待されています。

 

アンチエイジングに効果的な成分には、美白にも効果的であったビタミンC誘導体やコラーゲンをはじめ、ビタミンEやレチノール、EGF、FGFなどの成分があります。

 

スキンケアにクリームを使用する場合には、目的に応じてご自身にとって一番効果が見込めるクリームを選択することをお勧めします。