女優の綾瀬はるかさんと言えば、「肌がきれいな女優さん」として有名です。

 

綾瀬はるかさんのもち肌は10代の頃から注目されていましたが、30代になった現在もその肌は健在です。

 

長年SK-IIのCMにも出続けていますからね。

 

この記事では、綾瀬はるかさんのお肌の手入れに注目して、参考になるスキンケアをご紹介します。

 

綾瀬はるかさんのお肌の手入れ法

 

綾瀬はるかさんがSK-IIのCMに長年で続けていることはお伝えしました。

 

 

 

SK-IIのCMに出ているということで、新商品発表会などイベントに出席されています。

 

 

その一コマですが、今から4年前の29歳頃のイベントで肌年齢測定を行い、驚異の「19歳」だったというから驚きです。

 

 

「肌がきれい」だと言われるはずですね。

 

 

また、SK-IIのCMで共演している桃井かおりさんからも「綿菓子みたい」と、綾瀬はるかさんの肌を形容していました。

 

 

 

よほどハリのある肌で白かったようですね。

 

 

でも、綾瀬はるかさんも30歳オーバーという年齢になりました。

 

 

30歳を超えてこの肌年齢を保っているのですから、特別な肌手入れをしているはずだと考えるのが普通だと思います。

 

 

何もしないで「肌年齢19歳」は考えられないですからね。

 

 

実は、随分前の話にはなるのですが、綾瀬はるかさんは肌の手入れについて質問され、次の点に気をつけていると答えています。

 

 

  • 洗顔
  • 化粧水

 

 

ただ、内容をよく確認してみると綾瀬はるかさんが特別なことを行っているわけではありませんでした。

 

 

理由を説明しますね。

 

 

洗顔

 

 

普段からお化粧をしていると、顔には化粧品が塗られているわけです。

 

ご存知だと思いますが、化粧品が常に肌に塗られている状態は決して肌にとって良いものではありません。

 

だから、1日の終わりに行うスキンケアの最初に行うのは「洗顔」なのです。

 

 

まずは、顔についた化粧品を取り除くことから始めます。

 

 

とはいっても、「洗顔」のやり方次第で肌にダメージを与えることになります。

だから、気をつけなければなりません。

 

 

具体的に説明すると、洗顔は洗顔料を手に取って顔を洗いますが、この時注意が必要です。

 

 

なぜなら、洗顔を行うとき、「ゴシゴシ顔をこする洗顔」や「手のひらが顔にふれるような洗顔」を行うと手のひらで顔をこすり摩擦が生じます。

 

摩擦は、角質層のバリア機能を低下させるため、肌を痛め安い状況を作り出し、結果として「敏感肌」や「オイリー肌」の原因になることも少なくありません。

 

 

綾瀬はるかさんは洗顔にも気を使っているようです。

 

それは、綾瀬はるかさんが女優さんで濃いメイクをする機会が多く、それも長時間メイクした状態が続くことも影響しているようです。

 

 

具体的には、肌に刺激を与えないようにする対策です。

 

  • 水ではなくお湯で洗う
  • 肌を擦らない

 

 

お湯で洗うことは説明するまでもありませんね。

 

肌を擦らないについては、クレンジングするときはよく泡立て泡で洗顔するということです。

 

 

化粧水

 

綾瀬はるかさんが化粧水に気を付けているのは肌の乾燥を防ぐためです。

 

「保湿」の重要性を理解されているということです。

 

ただ、化粧水といってもさまざまな種類がありますので、必ずしも化粧水にこだわらなくても良いでしょう。

 

その理由は、↓で詳しく説明していますのでご確認ください。

 

>>>化粧水のおすすめの選び方!保湿?美白?効果は?

 

 

保湿は、たとえ20代の若い肌でも重要です。

 

 

肌が乾燥することで、さまざまな肌のトラブルを引き起こしますので間違ったスキンケアを行わないようにしてください。

 

 

スキンケアの基本についてまとめていますので一度目を通してみてください。

 

>>>スキンケア(肌)の基本(仕組み・美肌・化粧品)!悩み別改善対策!