目の下のクマがひどいと不健康に見えたり老けて見えたりして嫌ですね。

 

特に寝不足というわけでないのに目の下のクマがなかなか消えないということはありませんか?

 

「消えるどころかひどくなっている!?」と感じているとしたら、ますますひどくなる前に改善するための手を打っておきたいところです。

 

ここでは、目の下にできるクマについて、自分のひどいクマは何が原因なのか知り、ひどいクマとさよならして健康的で若々しくいられるための対処法についてお話ししていきます。

目の下に出来るひどいクマの原因は?

 

まずはクマができる原因についてお話ししていきましょう。

 

クマは、なにも寝不足の時にだけ出来るものではないということは薄々感じていらっしゃると思います。

 

まずは目の周りの構造を知ることでクマができる仕組みを理解してみましょう。

 

 

眼球の周りは、クッションの役割をしているやわらかい脂肪で覆われていて、それをまぶたが支えています。

 

まぶたは人体の皮膚の中で最も薄いところで、さらに皮脂腺が少ないために乾燥しやすく神経も敏感な部分になります。

 

また、まぶたはメラノサイトの活動が盛んなので色素沈着を起こしやすいという特徴があります。

 

さらに、まぶたのすぐ下の部分である頬は反対に皮膚が厚く皮下脂肪も多いので、下まぶたと頬の間の境目が目立ちやすいのでそれがクマとなります。

 

このように他の皮膚とは異なる構造をしているとこで、目の下にクマが出来やすく、放置しているとますますひどくなっていくというわけです。

 

 

クマの種類

 

クマの種類を原因別で分けると主に以下の3つに分けられます。

 

  • 血行不良
  • むくみ、たるみ
  • 色素沈着、くすみ

 

それぞれを詳細に見てみましょう。

 

(1)血行不良

 

色で言うと青い色をしたクマがこれに当たります。

 

目の周りは、まばたきなどで常に動いているので普段は血行が良いのですが、目が疲れたりするとたくさん集まっている血液がよどみ、薄いまぶたの皮膚を通してよどんだ血液の色が透けて見えます。

 

本当の意味でのクマはこの血液の流れが停滞して青く見えるもので、これを「青グマ」と呼んでいます。

 

(2)むくみ、たるみ

 

色で言うと黒っぽく見えるクマのことです。

 

年齢と共にもともと薄い下まぶたの皮膚がさらに薄く、弱くなっていくことで出来ます。

 

眼球の周りのクッションである脂肪を支えられなくなり、下まぶたが前に出てきてしまうのでここに陰が出来てクマのように見えるので「黒グマ」と呼ばれています。

 

(3)色素沈着、くすみ

 

色で言うと茶色いクマがこれです。

 

小さなシミが連なることでクマのように見えたり、目をよくこする癖があったりとまぶたの角質が厚くなってくすんだりすることでできるものです。

 

茶色く見えることが多いので「茶グマ」と呼ばれています。

 

 

誰でも年齢を重ねていくと多少はクマができやすくなっていくのですが、クマが目立つ人とあまり目立たない人がいることも事実です。

 

日本人よりも欧米人の方が若い頃からクマが目立つのは、骨格が日本人と違って堀が深いので、目と頬の間に段差ができやすいからなのですね。

 

 

クマの簡単な見分け方

 

クマの種類が分かったところで、次は自分のクマはどのタイプなのかを知るための簡単な見分け方についてお話しします。

 

自分のクマがどのタイプかが分かれば、どんな対策をすればいいのかが分かります。

 

逆に自分のクマの改善には関係のないことを一生懸命やっていたとしたら、もったいないですね。

 

鏡があれば簡単に出来ることなので、是非お試し下さい。

 

 

(1)血行不良によるクマ(青クマ)

 

青クマは、下まぶたを優しく横に引っ張ってみると多少薄く見えます。

 

引っ張ってもクマが動かない場合もこれに当たります。

 

 

(2)たるみ、むくみによるクマ(黒グマ)

 

黒グマは、顔を上に向けると目立たなくなります。

 

主にたるんでいることが多いので重力の影響を受けていますので、チェックする時は鏡を持って天井の方へ顔を向けた時にクマが薄く見えたらこれです。

 

 

(3)色素沈着、くすみによるクマ(茶グマ)

 

茶グマは、下まぶたを引っ張っても上を向いてみても薄くなりません。

 

引っ張ると皮膚と一緒にクマも動く場合はこれに当たります。

 

 

いかがですか?とっても簡単にある程度見分けることができますね。

 

人によってはどれか一つだけでなく2つ当てはまるかも?!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

クマとたるみの関係

 

次に、クマとたるみの関係についてもう少し触れておきたいと思います。

 

クマの原因の中で骨格や生活習慣に関わらず誰でも出来る可能性があるのは、「たるみ」によって出来てしまうクマです。

 

なぜなら誰でも年を取るので、加齢と共に肌の弾力やハリが失われていくのは自然の摂理だからです。

 

だからと言って何もしないでたるみっぱなしでクマが目立つ顔でいるのはなるべく避けたいものです。

 

 

先ほどもお話ししたように、たるみによってできるクマは黒グマといわれています。

 

たるみによるクマの原因は主に以下の2つがあります。

 

  • 脂肪によるもの
  • 皮膚のゆるみによるもの

 

それぞれを詳細に見てみましょう。

 

(1)脂肪によるもの

 

眼球の周りにある衝撃などから目を守るクッションの役目を果たしている脂肪のことを眼窩脂肪(がんかしぼう)といいます。

 

年齢と共に眼球を支えている靭帯が緩み重力によって下へと下がってくるので、眼球の下の部分にある眼窩脂肪が前に押し出されることで目の下に膨らみができ、これがクマになります。

 

眼球が下がってくると目の下にある眼窩脂肪が行き場を失い、前方に移動するしかなくなります。

若い頃にはある程度支えてくれていた目の下にある筋肉も、加齢とともに衰え支えきれなくなってきてますますクマがひどくなるということです。

 

 

(2)皮膚のゆるみによるもの

 

皮膚のゆるみが原因のクマは、加齢などで目の下の皮膚の弾力が失われ垂れ下がることで出来ます。

 

さらに、年齢を重ねるほど皮膚も薄くなっていくので、もともと薄い目の下の皮膚がますます薄くなり緩んでしまうということです。

 

 

こうして見てみると、加齢によっていろいろなものが緩むことでクマが出来ていることがお分かりいただけると思います。

 

さらにもう一つ、黒グマにはむくみも関係しています。

 

体質的にむくみやすい方は、なるべく冷たいものを取らないようにしたり、ストレッチを取り入れて体を冷やさないようにするなど、目の下のクマだけでなく体全体の血行を良くしていく必要がありそうですね。

 

目の下のクマを治す(治療)方法

 

では最後に、目の下のクマを治す(治療)方法について以下の4つに分けてまとめてみたいと思います。

 

  • 皮膚科
  • 美容整形
  • 化粧品(メイク)
  • マッサージ

 

皮膚科

 

タイプによっては皮膚科の病院では治療できないクマがあるようです。

 

皮膚科には一般皮膚科と美容皮膚科がありますが、どちらもすべてのクマを治療できるわけではありません。

 

一般皮膚科で治療が可能なのは、メラニンによる色素沈着など「皮膚のトラブル」によってできたクマである茶クマです。

 

美容皮膚科では茶グマの他に青クマにも対応してくれる所もあるようですが、美容整形の分野の治療法も含まれるので主に皮膚科では茶グマを治すと思っていただくといいのではないでしょうか。

 

 

美容整形

 

美容整形もいくつかのアプローチがあるようです。

 

レーザーを当てることで、血行促進を図ったり細胞の新陳代謝を図ることで、くすんだクマや血行不良によるクマを治療してくれます。

 

ヒアルロン酸や脂肪を注入することで血管が透けて見えるのをカバーすることも出来ますし、たるんでしまった皮膚を平らにすることが出来ます。

 

前に突き出てしまった眼窩脂肪を取り除き余分なふくらみをなくすという治療法もあります。

 

今はたくさんの美容整形外科やクリニックがありますので、中には無料でクマの診断をしてくれるところもあるようです。

 

治療方法も様々で、皮膚を切らずにクマの治療ができる方法もたくさんあるようですから、自分に合った治療法を選べますね。

 

ただ、保険が効かない治療になりますので、どこで治療を受けるかは慎重に選んでいきたいです。

 

 

化粧品(メイク)

 

化粧品やメイクでクマを目立たないようにする方法もあります。

 

ここではクリームとコンシーラーの2つについてお話ししていきます。

 

クリーム

 

アイクリームにも様々なものがあります。

 

青クマに効く目の下の血行を促してくれるクリーム、黒グマに効く肌にハリをもたらす成分配合のクリーム、茶クマに効くメラニンの働きを抑制し美白効果があるクリームなどそれぞれの原因に合わせたクリームが出ています。

 

アイクリームは高価なものが多いですが、お試しできるものはお試しをしてから購入するなど自分に合ったクリームを見つけられるといいですね。

 

 

コンシーラー

 

クマを隠す化粧品として欠かせないのがコンシーラーです。

 

コンシーラーを選ぶ時には、クマのタイプによって色味を変えてみましょう。

 

青クマには反対色であるオレンジ系のもの、黒グマには色というより光を反射して明るく見えるパール入りのもの、茶クマには明るい肌色を演出するイエローやベージュ系のものがおすすめです。

 

目の下の皮膚は薄いので、厚塗りするとかえって目立ったりよれてしまったりしますのでやわらかいタイプのものを選ぶといいでしょう。

 

また、コンシーラーを付ける時はなるべく刺激を与えないようにやさしく付けるようにしてください。

 

ただ、肌のたるみによる黒いクマに関してはメイクでは隠し切れないことが多いので、たるみを解消する別の方法と合わせて上手に使っていくようにしましょう。

 

 

マッサージ

 

マッサージは主に「目の周り」にするものと「顔全体」の血行を良くするものとがあります。

 

目の周りのマッサージは、目の使い過ぎによる眼球疲労を回復したり目の周りの筋肉を鍛える効果があります。

 

リンパの流れをスムーズにして顔の血行を促進して血行不良やむくみをなくしクマを改善するマッサージもあります。

 

さらに、顔にあるツボを刺激するツボマッサージもあります。

 

ただ、目の周りのマッサージをする場合、茶色いクマがある方はマッサージによって色素沈着をさらに促してしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

マッサージは比較的短時間で手軽にできるものが多いのでお風呂上りにスキンケアをしながらやってみたり、普段の生活に取り入れながら少しずつひどいクマからさよならしたいですね。