前回は基本の化粧品の中のクリームについてご紹介しました。

 

今回は基本の化粧品紹介の最後としてファンデーションについてご紹介していきたいと思います。

 

ファンデーションでよく使われているのはクリームファンデーションやパウダーファンデーションでないでしょうか。

 

どちらかというと、クリームファンデーションを使われている方が多いのですが、クリームファンデーションとパウダーファンデーションの違いをよくご存知でしょうか。

 

まずはクリームファンデーションとパウダーファンデーションの特徴についてご紹介していきたいと思います。

クリームファンデーションの特徴

 

クリームファンデーションを使われている方になぜクリームファンデーションを使っているのかと言う質問すると次のような回答が多いです。

 

  • 肌が乾燥するから

 

クリームファンデーションがどのようなものかを簡単に説明すると、クリームファンデーションは乳液のようなものの中に色のついた粉である顔料を混ぜたものですが分離しやすいため、界面活性剤である乳化剤を使い混ざり合うようにして安定させています。

 

ただこの乳化剤を使っているところが気にかかるところです。

 

なぜかと言うと、乳化剤はお肌にとって刺激となることがあるからです。

 

乳化剤は液体ですが、液体ということは水分を含んでいますのでそのままにしておくと腐ってしまいます。だから防腐剤も必要になるのです。

 

最近ではリキッドファンデーションやゲル状のファンデーションが発売されていますが、これらもクリームファンデーションと同様の特徴を持っています。

 

乳化剤や防腐剤が肌に悪いということですね。

 

次はパウダーファンデーションを見ていきましょう。

 

パウダーファンデーションの特徴

 

パウダーファンデーションはクリームファンデーションとは異なり乳化剤を含んでおらず、また液状でないため水分を含まないので防腐剤もほとんど必要ありません。

 

だから、パウダーファンデーションはファンデーションの中でも比較的添加物が少ないため肌に優しいファンデーションだと言われています。

 

イメージとしてはクリームファンデーションの方が乾燥肌や敏感肌に向いていると思われがちでが、どちらかと言うとクリームファンデーションよりパウダーファンデーションの方が乾燥肌や敏感肌に向いていると言えます。

 

その他ファンデーション

 

上記二つのタイプのファンデーション以外にも練り状のファンデーションがあります 。

 

練り状のファンデーションがどのようなものかと言うと、見た目はパウダーファンデーションと同じケースに入っているものやスティック状のパッケージに入ったものがあります。

 

特徴としては、顔料に油分が加えられており、 乳化剤や防腐剤をほとんど含んでいません。

 

これは水分を含んでいないからです。

 

クリームファンデーションと比べると刺激が少なく、パウダーファンデーションと比べるとしっとり仕上がるという特徴があります。

 

よって、カバー力を求める方にはお勧めですが、油分を含んでいるためニキビができやすい方にはあまりお勧めしません。

 

ファンデーションは塗り方によって効果が変わってきます。

 

次はファンデーションの塗り方についてご紹介していきたいと思います。

 

ファンデーションの効果的な塗り方

 

パウダーファンデーションを使う方の中には「粉浮き」に悩んでいる方も多いと聞きます。

 

この粉浮きですが、メイク前の保湿を改善することで防ぐことができます。

 

詳しく説明していきますね。

 

具体的には次のような順番になります。

 

  • 洗顔
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液または保湿クリーム
  • ファンデーション

 

5つの工程をを紹介しましたが、補足説明をしていきたいと思います。

 

まず洗顔を行った後に化粧水を塗ります。

 

そして次は美容液を塗るのですが、この時使用する美容液は保湿成分が含まれた美容液を使うことがポイントです。そして美容液を多めに買うこともポイントとなります。

 

この時の美容液がメイクの下地からです。

 

ファンデーションを使うと粉浮きするという場合には、保湿成分配合の乳液や保湿クリームを重ねると良いでしょう。ただし量的に多く塗るのではなく少なめが良いでしょう。

 

ここでファンデーションを塗ることになります。

 

初めはしっくりこないかもしれませんが、ファンデーションを塗ったあと1時間ほどすると自分の皮膚から出る皮脂と混ざり合って馴染みが良くなってきます。

 

ファンデーションは塗った後すぐにちょうど良い状態になるというよりは、塗った後数時間後を想定して塗ると良い仕上がりになります。

 

なぜなら、毎朝スキンケアとメイクをすると思いますが、どうしても時間の経過とともにお肌の水分は減少していきますが、皮脂については時間とともに分泌量は増えていくからです。

 

だから、朝に行うスキンケアは水分量を多めにそして油分は少なめにしておいた方が良いのです。