化粧品の中に乳液がありますが、乳液はどのような目的で作られているのかをご存知でしょうか?

 

というのも、乳液が登場した当時と違って、現在では 必ずしも乳液が必要なわけではないからです。

 

まずは乳液とは何なのかを確認した上で乳液の効果やクリームとの違いまたニキビへの影響さらに付け方についてご紹介していきます。

乳液とは何か、期待効果は?

 

乳液とは何かについてですが、元々乳液は化粧水とペアで使われることが多かった化粧品です。

 

現在でもお肌に水分が必要なことは改めて説明するまでもありませんね。

 

ただお肌に水分を与えるといっても化粧水や乳液が初めて発売された時と現在では商品コンセプトが大きく異なっているのです。

 

乳液の説明に戻りますが、乳液は化粧水でお肌に水分を与え、その水分が蒸発しないように蓋をする目的で使われていました。

 

乳液は油分を多く含んでいますので外部に水分が逃げないようにするために使われていたということです。

 

しかし、 今となっては当時の化粧水と乳液の関係は成立せず、乳液は必ずしも必要なものではなくなってきています。

 

なぜなら、 化粧水そのものが変わってきていることもありますし、乳液の代替となる商品が発売されているからです。

 

次は乳液と化粧水についてさらに掘り下げて見ていきましょう。

 

乳液と化粧水の違い

 

化粧水と乳液の関係については既にお伝えしてました。

 

化粧水でお肌に水分を与えその水分が肌から逃げないように油分を含む乳液で蓋をする関係が二つの化粧品にはありました。

 

しかし、化粧水は化粧水の記事でご紹介したように、化粧水の原料の大半は水です。

 

お肌に外から水分を与えたとしてもすぐに蒸発してしまいます。

 

「だから乳液が必要なんでしょ!」と言うかもしれませんが、今となってはこの概念が間違っています。

 

なぜ間違っているのかと言うと、乳液で蓋をしたからといって化粧水で与えた水分がお肌の内部に蓄えられるわけではないからです。

 

お肌を潤す水分とは水分そのものが必要なのではなく、肌内部から水分を作り出す保湿成分が必要だからです。

 

お肌に水分を蓄え潤すためには、保湿成分であるセラミドと結合できるような成分が必要だということです。

 

このような背景もあって最近では乳液に変わり美容液が使われるようになってきています。

 

なぜなら、美容液の記事でご紹介したように美容液には保湿や美白などに有効な成分が含まれているからです。

 

ただ乳液についても最近では保湿成分を含んだ乳液も発売されてきているため、保湿成分が配合された乳液であれば使う価値はあるでしょう。

 

乳液を使う場合に一つだけ注意することがあります。

 

それは油分をお肌に与えすぎてはいけないということです。

 

概ね30代まではお肌の皮脂の分泌量が十分なのであえて肌外部から油分を多く含んだ乳液を与える必要はないからです。過剰な油分は肌にとってよくありません。

 

乳液とクリームの違い

 

ここまで乳液については、当初乳液は化粧水の水分を蒸発させないための蓋の役割をしていたものの、化粧水の役割が変わり、美容液が登場したことで乳液は必ずしも必要ではなくなったとお伝えしました。

 

また乳液には油分が含まれているため、30代までの若い時には油分を与えすぎるのは控える方が良いということも伝えしました。

 

しかし、お肌にとって油分自体は不要なのではなく必要です。

 

お肌に油分が少なくなることでオイリー肌や乾燥肌、インナードライ肌など様々なお肌のトラブルに繋がってしまいます。

 

要は、皮脂バランスが重要だということです。

 

乳液とクリームの違いについてですが、二つを比べると似ている部分が多くあります。

 

あえて違いはと言うと、 乳液はクリームと比べると水分が多く含まれています。

だから、クリームと比べると乳液はお肌に潤いと油分を補ってくれる役割を果たしているといえます。

 

一方のクリームは、油分が多く含まれているためお肌の保温やお肌を守ることに長けています。

 

乳液とクリームどちらもお肌に油分を補うことが一つの目的になっていますが、最近では様々な目的別に成分が異なる商品が発売されていますので、 ご自身の目的を達成できるのであれば無理に乳液やクリームを使う必要もないと言えます。

 

乳液はニキビに悪い?

 

乳液には油分が多く含まれていると伝えており、肌内部から皮脂が作られる30代まではあまり乳液を使わない方が良いとお伝えしています。

 

だったら、ニキビができている場合はどうなのかについてみていきます。

 

ニキビとひと口にいっても、10代に出来る思春期ニキビと20代以降に出来る大人ニキビでは性質が異なります。

 

思春期ニキビは肌内部から分泌される油分が原因となる場合が多いですが、大人ニキビについては必ずしも油分が原因とは言えません。

 

ただ、現在発売されている乳液に含まれる油分はニキビを悪化させるほど含まれてはいないようです。

 

大人ニキビで悩まれている方には特徴があります。具体的な特徴には乾燥肌や混合肌があげられます。

 

乾燥肌や混合肌の共通の原因に肌内部の水分量が減少していることが挙げられます。

 

混合肌は乾燥肌でありながらオイリー肌であるというものですが、共通しているのは肌内部の水分量の減少です。

 

肌内部の水分量が少なくなると、水分不足を補うため過剰に皮脂が分泌されるようになります。過剰分泌された皮脂がニキビの餌となるためニキビが増えるのです。

 

だから、乳液自体はニキビに大きな影響を与えるとは言えませんが、もしニキビであるのであれば乳液を選ぶのではなく、オイリー肌や乾燥肌に対応した化粧品を選択することも重要だといえます。

 

乳液の付け方

 

乳液の付け方についてはこれまでご紹介してきたように化粧水や美容液をつけるなどほぼ一緒です。

 

(1)乳液を手に取る

 

まずは乳液を手のひらに取りましょう。

 

(2)顔全体に伸ばす

 

手のひらに取った乳液を一度顔全体になじませます。

 

一旦顔全体に乳液を馴染ませた後は中指と薬指を使ってさらになりませていきますが、順番としては内から外、そして下から上に向かって馴染ませます。

 

ただ一つ注意が必要で、鼻だけは下から上ではなく上から下に向かって行いましょう。

 

(3)フェイスラインを押さえる

 

最後に整える意味で目の周りとフェイスラインを押すことも有効です。