洗顔料については最近汚れを落とす以外の効果をうたった商品が増えています。

 

例えば、お肌に潤いを与えたり美白効果をイメージした商品です。

 

しかし洗顔料を選ぶ際は肌の油汚れをしっかり落とすことを目的とした商品を選ぶようにしましょう。

 

その理由についてもご紹介していきます。

洗顔料の正しい選び方

 

冒頭でお伝えしたように、洗顔料については基本の機能である油汚れを落とす以外に様々な機能を歌った商品が増えています。

 

しかしよく考えていただきたいのです。

 

洗顔料は、肌の油汚れを取った後には水で流れてしまうのです。

 

肌に潤いを与える、肌に美肌効果があると謳ったった商品でもお肌に触れている時間はほんの少しの時間で、あっという間に水で洗い流されてしまうのです。

 

だから洗顔料を選ぶ際には、洗顔料の役割である肌の油汚れをしっかり落とせるような商品を選ぶことが重要です。

 

ではどのような洗顔料を選ぶべきなのかをご紹介します。

 

一番の洗顔料のおすすめは固形タイプの石鹸です。

 

理由は、一番シンプルでありながらしっかりと汚れが落ちること。そして肌に余計なものが残らないからです。

 

例えば肌がしっかり潤うと謳っている洗顔フォームには約30%の油分が含まれていますが、昔からある白い浴用固形石鹸には約5%の自分しか含まれていません。

 

泡立ちと洗顔料

 

すでに洗顔料を選ぶときに重要なのはお肌の油汚れがしっかり取れるものを選択しましょうとお伝えし、具体的には昔ながらの白い固形石鹸がおすすめだとお伝えしました。

 

しかし実際のところ固形であったり液体であったりということはあまり関係ありません。
重要なのは洗顔料に含まれている成分なのです。

 

クリームタイプや液状タイプの洗顔料にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

 

上記二つのタイプの洗顔料のイメージとしては「肌に優しい」を訴求している商品が多いため、洗浄力については弱い商品が多いと言え、保湿効果を実感してもらうために油分を含む商品が多いと言えます。

 

油分がどのような効果を肌に与えているのかと言うと、油分はお肌に残り油膜を作り出すため肌のツッパリ感がありませんが、油分が肌に残ったままの状態なので肌にとっては良い状態とは言えません。

 

最近ではパウダー状の洗顔料も発売されていますが、パウダー用の洗顔料はどうなのでしょうか。

 

パウダー状の洗顔料については初めから泡となって出てくる商品もありますが洗浄力については強い弱いは一概に言えません。

 

ただ、全く泡の立たない主にミルクタイプの洗顔料は洗浄力が弱くてきていますのでアトピー性皮膚炎などお肌の弱い方を除いては泡立つタイプの洗顔料を選ぶことをお勧めします。

 

正しい洗顔方法

 

最近ではなるべくお肌に刺激を与えないことを目的に洗顔は「水ですすぐだけ」とか「クレンジングで拭き取るだけ」と言う方もいらっしゃいますが、もしお肌に油分が残っていれば酸化が進むため肌老化の原因になってしまいます。

 

だから、洗顔する際にはなるべくお肌に刺激を与えないように意識しつつも朝晩は石鹸で洗顔することが重要となります。

 

具体的に正しい洗顔方法を見ていきましょう。

 

(1)手洗い

 

まずはしっかりと手を洗います。

 

(2)顔を湿らせる

 

しっかりと手を洗ったら、顔ぬるま湯で少し湿らせます。

 

(3)洗顔料を泡立てる

 

洗顔料を手のひらにとりしっかりと泡立てます。もし素手では泡立ちが弱い場合には泡立て用の洗顔ネットを使うなども有効です。

 

(4) T ゾーン

 

泡立てた洗顔料を T ゾーンに乗せて軽く汚れとなじませます。この時肌には触れないようにしましょう。

 

(5)Uゾーン

 

T ゾーンの次はUゾーンに乗せて、 T ゾーンと同じく洗顔料と汚れをなじませます。

 

(6)洗い流し

 

ぬるま湯を使って洗顔料を手早く 洗い流します。

 

(7)拭き取り

 

最後にタオルを使ってお肌を軽く押さえるようにして顔から水分を取り除きます。この時タオルで肌をこすってはいけませんので注意してください。

 

症状別(毛穴、ニキビ、乾燥肌、敏感肌等)洗顔料選び

 

ここでは具体的な症状である毛穴の開き毛穴のつまり、ニキビ、乾燥肌・敏感肌にはどのようなタイプの洗顔料が良いのかを見ていきましょう。

 

通常毛穴は肌のハリがしっかりしていれば閉じられていますので毛穴に皮脂が詰まったりといったことはありません。

 

しかし毛穴に皮脂が詰まる状況になっているということは毛穴が開いてその中に石がたまったと考えられます。

 

ここで重要なのは、毛穴が開いたということです。

 

毛穴が開くということはお肌の張りが弱くなっているということです。

 

お肌の張りが弱くなる原因は加齢やお肌の保湿成分の減少が考えられます。

 

お肌の保湿成分が減少して肌の張りが弱くなると角質層のバリア機能も弱まってきます。

 

角質層のバリア機能が弱ることで小さな刺激にも敏感になり乾燥肌や敏感肌となるのです。

 

このような状況から、毛穴と敏感肌・乾燥肌についてはお肌のハリに大きく影響していると考えられ、お肌の保湿成分が減っているためあまり刺激を与えないタイプの洗顔料が求められます。

 

具体的には固形石鹸よりも油分を含むミルクタイプの洗顔料がおすすめです。

 

具体的な商品名で言うと、ビーグレンの「クレイウォッシュ」や健康コーポレーションの「どろあわわ」などが該当します。

 

>>> ビーグレンの詳細確認はこちらから

 

>>> どろあわわの詳細確認はこちらから

 

ニキビで悩まれている方については、ニキビの原因にはいろいろありますが症状としてはオイリー肌(脂性肌)の方が多いと思いでしょう。

 

オイリー肌の場合はお肌の保湿成分が減少したことでその保湿成分を補うために過剰に皮脂分泌を行っていることもありますが、改善するためにはお肌の保湿成分を取り戻すことと、お肌の過剰な皮脂を取り除くことも重要となります。

 

ニキビの場合には洗顔料に油分を含まないしっかり汚れの取れる固形タイプの石鹸が有効だと言えます。

 

固形石鹸ではありませんが、ビーグレンのクレイウォッシュについてはニキビでお悩みの方向けに考えられた商品でもあるため使ってみるのもよいでしょう。