一度できたら厄介なシミに効く化粧品のことを一般的に美白化粧品と呼んでいますが、この美白化粧品に配合されている美白成分とはどんなもののことをいうのでしょうか。

 

まず最初に美白成分とはどのような成分なのかを見てみましょう。

美白成分とは

 

美白成分とは結論から言うと、主にメラニン色素の量を減らす働きをする成分のことを言います。

 

では、メラニン色素はどうやって生成されるのでしょうか?

 

皮膚の表面の部分は表皮といわれていて、メラニン色素の元となるメラノサイトは表皮の一番下の部分の基底層に存在しています。

 

主にシミの原因となる紫外線が表皮細胞に当たるとある伝達物質が分泌されます。

 

その物質がエンドセリンという情報伝達物質で、このエンドセリンがメラノサイトに伝達されることでメラノサイトの中でメラニン色素が作られるのです。

 

メラノサイトでメラニン色素が作られる時に働くのがチロシラーゼ酵素で、現在市販されている美白化粧品のほとんどは、このチロシナーゼ酵素の働きを阻害する美白成分が配合されています。

 

作られたメラニン色素がメラノサイトから分泌されて表皮細胞に取り込まれると、これがシミの元になるのですが、ターンオーバーが正常に働いていてアカとして排出されればシミとして残ることはありません。

 

表皮はわずか2ミリ程と大変薄く、表皮の下にある真皮はターンオーバーをしていないので、真皮にまでメラニン色素が及んでしまったり、ターンオーバーが正常に働かなかったりしてはがれなかったりするとシミになってしまうということです。

 

だから、シミ対策この段階で行うことが重要なんですね。

 

美白成分は全てのシミに効果があるわけではない

 

「美白」と聞くと、とにかくお肌を白くしてくれるもの、いわゆる漂白してくれるものと思いがちですがそうではありません。

 

美白成分とは先ほども触れたようにメラニン色素の生成を抑える働きをするものなので、皮膚の黄色みや、ニキビあとの赤みといったメラニンではない色を消すための成分ではないのです。

 

また、シミに効く化粧品でも全ての人の肌に合う化粧品があるかというと、これも人によって合う合わないがあります。

 

人によっては効果の出方が違ったり、肌の体質によって合わない時にはかぶれてしまうこともあります。

 

化粧品には多くの美白成分が配合されていて、中にはメーカー独自に開発したものもあり、通常は様々な美白成分がブレンドされて一つの美白化粧品ができています。

 

人に良いからと勧められて使ったら自分にはイマイチだったということがあるのはそのためなんですね。

 

少し時間はかかるかもしれませんが、どの商品が自分のシミに効く化粧品なのかは自分の肌で確かめていくしかないということです。

 

次は、厚生労働省が認定している美白成分についてご紹介します。

 

厚生労働省認定美白成分

 

美白成分の中には厚生労働省が効果を認めた成分がありますのでご紹介していきます。

 

厚生労働省が効果を認めた成分が入っている化粧品のことを、医薬部外品といます。

 

商品名に「薬用」と表記されたりしているのがそれにあたります。

 

日々研究開発されているので、年々認可される美白成分は増えてきています。
全てではありませんが主なものを以下にご紹介します。

 

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • リノール酸
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
  • ニコチン酸アミド
  • ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)
  • マグノリグナン
  • t-シクロアミノ酸誘導体
  • カモミラET

 

 

厚生労働省が認めた成分は有効成分と呼ばれ、どれか一つを含んでいれば美白化粧品として医薬部外品の認可を受けることができます。

 

通常化粧品は効能をうたうことができませんが、医薬部外品として認可を受けることで「紫外線によるしみ・そばかすを防ぐ」という効能を記載することができるようになります。

 

もし、美白化粧品を使いたいけど、どれにしたら分からないという時は、上に挙げた美白成分が配合されているものから使ってみるのも一つの方法です。

 

 

その他、認可されていない美白成分としては

 

  • 油溶性甘草エキス(グラブリジン)
  • ハイドロキシン

 

などがあります。

 

ここまで、美白化粧品で対応できるシミと美白成分について見てきました。

 

美白化粧品の選び方

 

次に、シミに効く化粧品である美白化粧品の選び方についてお話ししていきます。

 

当たり前のことですが、まずはきちんと美白成分が入っている化粧品かどうかを確認することです。

 

薬用や医薬部外品と書かれているものは、成分表示の上の方に有効成分として成分名が記されています。

 

有効成分はもちろん、その他に配合されている美白成分が自分が求めている成分なのかをしっかり確認することが大切です。

 

ここで、選び方のお話しをする前に先ほど触れた厚生労働省が認可している美白成分を、働き別に大まかに3つに分けてみたいと思います。

 

  • チロシナーゼ酵素の働きを抑制する美白成分
  • メラニンの働きを抑制する美白成分
  • 情報伝達物質の働きを抑制する美白成分

 

それぞれについて説明していきます。

 

(1)チロシナーゼ酵素の働きを抑制する成分

 

メラニン色素が作られる時にチロシナーゼ酵素が働きますが、このチロシナーゼの働きを抑制する美白成分が一番たくさんあり、トラネキサム酸、リノール酸、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、マグノリグナン、油溶性甘草エキス、ハイドロキシンなどです。

 

 

(2)メラニンの働きを抑制する美白成分

 

チロシナーゼ酵素によって酸化して黒くなったメラニンを還元(無色化)したり、メラニンの生成を抑制したり、ターンオーバーを促してメラニンを排出しやすくする成分で、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、4MKS、ニコチン酸アミドなどです。

 

 

(3)情報伝達物質の働きを抑制する美白成分

 

皮膚に刺激が与えられた時に分泌される物質がメラノサイトに伝達されるとメラニン色素が作られるので、その伝達物質の働きを抑制する成分で、t-シクロアミノ酸誘導体、カモミラETなどです。

 

 

成分の働きにも注目しつつ、自分に合う美白化粧品を有効に使うためのポイントは2つあります。

 

  • 毎日続けられるもの
  • ついでに美白より美白に集中

 

(1)毎日続けられるもの

 

美白化粧品の中で美白成分が多めに入っているのは通常は化粧水よりも美容液やクリームです。

 

美白パックは有効成分がそれなりに入っていますが、高価だし毎日使うものではないので、たまに使うより毎日使うものをまずは選ぶようにしてみてください。

 

美白化粧品はシミを消すというより、これからできるシミを予防するものと考えると、部分的に使用するものよりも顔全体に毎日使えるものを選んでみる方が良いでしょう。

 

 

(2)ついでに美白より美白に集中

 

化粧下地やファンデーションに美白をうたうものもありますが、これらは美白を目的に作られているものではないので、美白に対する効果はそれなりです。

 

より効果的に美白を目指すなら、美白で作られている美容液やクリームを使うほうが効果が期待出来ます。

 

 

以上のことを踏まえながら自分の肌に負担のないものを試供品を試すなどして選んでみてくださいね。

 

美白効果とピーリング

 

実はピーリング剤にも美白効果があるということをご存知ですか?

 

美白成分は主に肌の中でメラニンができにくくしてくれるもので、ピーリングはできてしまったメラニンを排出してくれるものといえばいいでしょうか。

 

ターンオーバーによってメラニンを排出していくのですが、ピーリングはターンオーバーを速めてくれるのでメラニンの排出を助けることになります。

 

嬉しいことにこのピーリングは、ニキビあとなどの炎症性色素沈着と呼ばれるシミに最も効果があるといわれています。

 

ピーリング剤と美白成分を合わせることで、余分な角質を取りのぞいたお肌に美白成分を浸透させることができるので、より効果が期待できます。

 

ただし、ピーリングはやりすぎるとお肌を刺激し過ぎてしまうので、月に2回程度スペシャルケアとして取り入れてみたり、少しずつ様子を見ながら自分の肌と相談しながら取り入れてみるといいのではないでしょうか。

 

 

シミをテーマにお話ししてまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

 

突然現れると思っていたシミも実は色々なプロセスを経てお肌の表面に現れてきます。

 

普段の生活やお手入れに美白を意識したことをちょっと取り入れるだけでも5年後10年後のお肌は変わってくるかもしれませんね。