シワと言うと、年をとると出てくるもの、という印象があります。

 

確かにシワは、年齢を重ねるごとに目立ってきて、気になるようになるものです。

しかし、若くてもシワはできる場合があります。

 

気になるシワを改善するには、まずシワの種類を知ることです。

 

そのうえで、シワの原因を知り、原因に合った対策をすることが大切です。

 

シワ対策をする際に、知っておくべきことを、見ていきましょう。

シワの種類

 

一言で「シワ」と言っても、その性質により大きく3つに分類することができます。

 

ちりめんジワ

 

ちりめんジワは、肌の表皮にできやすい、浅く細かいシワです。

 

肌の構造は、肌の表面から体の内側へ向けて、表皮・真皮・皮下組織の順番に層になっています。その肌の一番外側の表皮にできやすいちりめんジワは、小じわとも呼ばれるものです。

 

ちりめんジワの多くが、肌の保湿力が低下することにより現れます。

 

表情ジワ

 

表情ジワとは、顔の筋肉を動かすことによってできるシワです。

 

怒ったり・笑ったり、顔は色々な表情を作ります。

 

怒った時には、額や眉間にシワができたりします。

笑った時には、目じりの小じわやほうれい線となります。

 

本来、表情を作った時にだけできるシワです。

 

真皮のシワ

 

真皮のシワは、いきなり表れるものではありません。

 

初めは表皮にできていただけの表情ジワが、もとに戻りにくくなり、深く真皮にまで達したシワになってしまったものです。

 

そしてこのシワは、加齢や紫外線の影響を大きく受けてできてしまいます。

 

保湿成分で治るシワ

 

保湿成分で治るシワは、乾燥により出来てしまうシワ。つまり、ちりめんジワです。

 

肌が乾燥することにより、肌表面が委縮して、細かいシワができてしまうのです。

 

この「ちりめんジワ」は、肌深くに刻まれる「真皮のシワ」になることはありません。

とにかく、保湿をしっかりすることで、改善することができます。

 

真皮のシワの原因

 

真皮のシワは、加齢と紫外線が引き起こします。

 

加齢と紫外線は、肌のコラーゲンやエラスチンを減少させたり変質させたりします。

そしてこれが原因で、表情ジワが元に戻りにくくなるからです。

 

真皮のシワは、乾燥が主な原因ではないので、単純に保湿対策だけで改善させることはできません。

 

シワ予防にフェイシャルエクスサイズは効果が見込める

 

フェイシャルエクササイズは、顔のたるみには効果が見込めます。

 

しかし、シワ予防ということになると、逆効果になってしまいます。

フェイシャルエクササイズとは、顔の筋肉を大きく動かすこと・色々な表情を作ることです。

 

つまり、表情ジワを自ら作るということにつながります。

 

表情ジワは、真皮のシワに移行する可能性のあるものです。

 

ですから、フェイシャルエクササイズをすることは、シワ予防どころかシワを作り出してしまう可能性だってあるのです。

 

シワの予防は体の内外のお手入れが重要

 

シワには、いくつか種類があることは、前述のとおりです。

 

シワの種類は違っても、お手入れをすることで、予防できることには、違いがありません。

 

では、どのようなお手入れが重要になってくるのでしょうか?

 

ちりめんジワの場合は、原因が乾燥ですから、保湿することが重要ですので、洗顔後も、化粧水や乳液、クリームなどで、しっかり保湿します。

 

身体も乾燥しやすい冬場などは、水分をきちんと摂取することも大切です。

 

身体の外からの保湿と、内側からの水分補給で、肌のコンディションを良くし、シワを予防しましょう。

 

表情ジワの場合は、とにかく自分のクセを見直してみることが重要です。

顔の動きのクセを少し意識するだけでも、シワのでき方は変わってきます。
さらに、保湿にも気を配っておくのが良いでしょう。

 

深く刻まれてしまった真皮のシワの場合は、ちりめんジワの対策のような保湿では効果が望めません。

 

真皮のシワは、加齢や紫外線が原因となっているからです。
加齢は、生きている以上、止めることのできません。

 

一方で、紫外線については、日焼け止めを適切に塗ることが、有効な手段です。

また、体の内側からのケアも重要になります。

 

抗酸化作用のある食物や、コラーゲンの生成を促進するビタミンCを摂取することも、シワ予防に効果があります。

 

コラーゲンを減少させる、ストレスや睡眠不足を改めるのも、重要ですよ。

 

シワに効く化粧品とはどんな化粧品

 

できてしまったシワを改善する化粧品も、予防と同様に、シワの種類によって異なります。

 

ちりめんジワと表情ジワには化粧品は、保湿力の高い製品が効果を発揮します。
特に、ヒアルロン酸やセラミドが配合された製品を使用するのが、好ましいです。

 

真皮のシワは、ちりめんジワと違って、肌の深いところまでかかわってくるので、厄介です。そこで、真皮のシワに対しては、まず保湿がしっかりできる化粧品で、肌の状態を整えます。

 

そして、肌のターンオーバーを正常化させ、肌の生まれ変わりで改善させます。

 

肌表面のターンオーバーが、通常約28日周期ですが、真皮のターンオーバー周期は年単位と言われています。そのため、根気のある対応が必要になります。

 

保湿を十分にしたうえで、レチノールやナイアシン、ビタミンC誘導体など、肌にハリをもたらす化粧品を用いると、効果が出やすいです。

 

そして、どんなシワにも、紫外線対策は欠かせません。

紫外線は、強弱はあれど、一年中降り注いでいます。

日焼け止めや、日焼け予防効果のある化粧品を使うことは、有効ですよ。

 

シワに効くクリームや美容液って?

 

シワに対して、クリームや美容液を選ぶ時にも、シワの種類に応じて変えます。

 

浅いちりめんジワや表情ジワには、やはり保湿効果の高いクリームや美容液が効果的です。一方、深いシワである真皮のシワには、保湿だけでなく、プラス効果のある成分が必要になります。

 

そのプラスしたい効果は、肌のコラーゲン生成を促し、肌のハリを高める効果です。

 

化粧水や乳液に加えて、クリームや美容液を使うとなると、コスト的にも負担になってくるものです。ですから、ご自身のシワの種類に応じて、有効な成分を適切に取り入れるようにしましょう。

 

単純に「高価な製品だから効く」、というわけではありません。

シワ改善は、長期間根気よく続けていかないといけないケアです。

 

必要な成分が入っていて、ご自身の肌に合い、経済的にも負担になりすぎない一品を選ぶことが、大切となりますよ。