ターンオーバーが早いとどうなると思いますか?

 

具体的にどうなるかについては、スキンケアとターンオーバーの関係を理解することが必要になります。

 

スキンケアとターンオーバーは切ってもきりない関係があります。

 

なぜなら、スキンケア化粧品の説明の中には必ずと言ってよいほどターンオーバーが出て来るからです。

 

この記事では、ターンオーバーとは何か、また、なぜターンオーバーの説明の中にターンオーバーの促進や正常化が出てくるかについてもご紹介していきます。

お肌のターンオーバーとは何か?

 

お肌のターンオーバーとは表皮の生まれ変わりのことを指します。

 

具体的には表皮細胞は基底層で作られ約28日間で角質細胞になります。

 

そして、最後は垢となって剥がれていきますがこのサイクルのことをターンオーバーと言います。

 

このお肌の新陳代謝であるターンオーバーが正常に働くことで、たとえ肌に傷がついたとしても一か月もすれば傷が消えるのです。

 

ターンオーバーには周期がありますが、加齢により周期は長くなります。

 

次はターンオーバーの周期について見てみましょう。

 

ターンオーバーの周期と年齢の関係

 

ターンオーバーの周期は20代の若い頃だと約28日間と言われていますが、加齢とともに長くなり、40代になるとなんと40日ほどに伸びると言われています。

 

ただ、これはお肌の状態が正常な場合であり、紫外線や過剰な洗顔等の外部からの刺激で角質層にあるバリア機能が低下した場合は、年齢が若くてもターンオーバーの期間は長くなることがあります。

 

加齢や外部刺激等でターンオーバーが乱れると乾燥肌や敏感肌を引き起こすことになりますので、ターンオーバーの促進が必要になります。

 

次はターンオーバーの促進について見てみましょう。

 

ターンオーバーの促進・正常化

 

スキンケアの説明をみていると、よく「ターンオーバーの促進」という言葉がよく出てきます。

 

実際、ターンオーバーの促進はお肌の良い状態を保つためにはとても重要です。

 

なぜならターンオーバーは年齢とともに周期が長くなったり、お肌の水分量が減少することで長くなったりします。

 

スキンケア商品の説明の中にターンオーバーがたびたび登場するのは、ターンオーバーによってお肌が再生されるからなのです。

 

これこそがターンオーバーの正常化です。

 

既にお伝えしたとおり、ターンオーバーは20代の頃は1サイクル約28日周期で回りますが、年齢とともにターンオーバーの周期は長くなります。

 

また、年齢は若くてもお肌の水分量が減少したり紫外線を浴びたり、角質層のバリア機能が低下することでターンオーバーの周期は長くなりますので、正常なお肌の状態に戻すためには乱れたターンオーバーを正常化する必要があるのです。

 

ターンオーバーの周期についてお伝えしましたが、ターンオーバーの周期が短いと良いと思いますか?

 

一見、ターンオーバーの周期が短くなるとお肌が再生される期間が短くなるので良いと考えてしまいそうですが、実はそうではありません。

 

次はターンオーバーが早くなった場合の弊害を確認していみましょう。

 

ターンオーバーが早いとどのような弊害があるのか

 

ターンオーバーが乱れるとターンオーバーの周期が長くなることを想像することが多いと思います。

 

しかし、ターンオーバーが乱れるケースには、ターンオーバーの周期が早くなる場合もあるのです。

 

一見、ターンオーバーの周期が早まると、新陳代謝が良くなったと喜ぶかもしれませんが、喜んではいられません。

 

なぜなら、ターンオーバーの周期が早くなる場合、お肌が正常に育たず未熟な場合が多いからです。

 

未熟なお肌の状態で角質になった場合、バリア機能としての強度が不足しているため、外部からの様々な刺激に耐えられません。

 

このことが原因で、乾燥肌やオイリー肌など様々な症状を引き起こす可能性が高まるのです。

 

このような背景があり、セラミドなどの保湿成分が配合された化粧水などの化粧品が注目されるのです。